コース・カリキュラム

イメージ
選べるコースと優れたカリキュラム。
技・知・心のバランスのとれた
人材を育てます。
1年次は調理師免許(国家試験免除)取得に向けたカリキュラムのもと、調理の基礎を幅広く学習。その中で自分にあった専門コースを選択します。2年次からはコース別に専門を学び、各分野で活躍できる知識とスキルを身につけていきます。

調理専攻科(専門課程)

消費者の動向を敏感にキャッチし、常に新鮮な切り口でサービスを提供していける。そんなこれからの飲食業界に求められる人材の育成が、調理専攻科の目標です。調理そのものの技術や知識に加え、フードコーディネートやマネジメントなど、飲食にまつわる幅広い技術と知識を修得します。

1年次、基本的な知識・実習→2年次、自分に合った専門コースを選択
西洋料理コース 西洋料理コース
イメージ
オマールエビのような高級食材の加熱方法を学び、殻をムダなく使って古典のソースを作ります。クラシックな技法と現代のテクニックを織りまぜ、今の時代にふさわしい料理に。
次
イメージ
塊肉の解体も実習の中で見学。塊を卸していく中で、肉の構造や部位などがリアルに理解できます。各部位に合った料理方法で加工・調理し、肉料理の醍醐味を味わいます。
次
イメージ
コース料理のフィナーレを飾るデザートから、パティシェにおける基本生地の作り方と応用までを幅広く実習。色彩豊かな盛り付けのバリエーションを学びます。
次
イメージ
講師の指導のもと、最終目標として各自が鶏一羽を卸し、料理に仕上げるセルフ実習を行います。個人のスキルはもとより、料理人として大きな自信をつけることができます。
日本料理コース 日本料理コース
イメージ
和菓子や寄せ物、練り物などを実習し、野菜を使ってむき物など季節を感じる料理を作ります。また、食器や道具の種類と特徴など、使い方を中心に学んでいきます。
次
イメージ
肉料理、寿司、麺料理、きのこ料理など、日本料理の基礎を中心に数々の素材の下ごしらえを覚えます。そして、食品加工実習から調理技法まで専門に学んでいきます。
次
イメージ
懐石料理の煮物、吸い物、和え物、蒸し物、酢の物などを学習。調味料の割合や調理法、素材と素材の取り合わせ、四季の器とも組み合わせなど全般を実習していきます。
次
イメージ
あんこう、すっぽん、ふぐ、沖の魚、川魚などを卸し、今まで学んだ技術を応用して懐石を中心に創作料理を作ります。食材の色使いや味の演出、調理のコツを学んでいきます。
中国料理コース 中国料理コース
イメージ
1年次に学んだ炒(炒める)、蒸(蒸す)、炸(揚げる)などの基本的な調理技術の応用。広東料理を中心に新鮮な魚介類や肉、野菜などを使い、新しい中国料理に挑戦します。
次
イメージ
料理人に必要なもの、忘れてはいけないもの、それは“センス”です。前菜から甜菜まで、どんな料理でも素敵に変身させるセンスを養い磨くために、必要なことを教えます。
次
イメージ
中国料理に不可欠な胡麻団子やあんまんなどの甜点心(甘い点心)、肉まんや餃子、焼売などの鹹点心(辛い点心)、4700年以上の歴史を持つ中国茶も学習。目指せ、一級点心師!
次
イメージ
手作りが少なくなった北京ダックも、一から丁寧に手間を書けて仕込み、中華ブロイラーで焼きあげるなど実習が充実。いろいろな食材に触れることができるメニュー構成です。
カフェスイーツコース カフェスイーツコース
イメージ
ケーキは数多くの種類があり、スポンジでも材料が違うもの、製法が違うもの、クリームやムースも何パターンもあります。基本に忠実に、流行も取り入れて実習を行ないます。
次
イメージ
おしゃれなカフェ飯をはじめ、製菓だけではなく料理の実習も行ないます。手作りのパンでプレートを作ったりと、他のジャンルにはないオリジナルメニューに挑戦します。
次
イメージ
あめ細工は材料がシンプルなだけに、知識と技、スピードが求められ難度は高いですが、完成したときの充実感はひとしお。他にマジパン細工やチョコレート細工なども行ないます。
次
イメージ
プロのバリスタから、豆の挽き方やエスプレッソマシーンによる抽出方法などの指導を受け、テイスティングを重ねて技術を習得。カプチーノではハートやリーフ模様を描く実習もします。
このページのトップへ
イメージ