OB・OG 紹介

料理の世界で夢を叶えた先輩たち。

愛調を卒業した多くの先輩が、料理の世界で活躍しています。
そんな先輩たちからこれから調理師をめざすみなさんにメッセージが届きました。
きいきと働く彼らの言葉は、夢を叶えようとしているあなたへのエールです。

西洋料理コース

PHOTO
実習も座学も仕事に直結。しっかり学んでおきましょう!
「THE KAWABUN NAGOYA」 名古屋市中区
玉置 あづ紗〈2008年度卒〉

オープンキッチンで、間近にいらっしゃるお客様の目の前で調理しています。学生時代に学んだことの大切さを実感するのは、ランチメニューの開発などを任された時です。実習だけでなく座学の授業も、仕事に直結します。学生のみなさんも精一杯取り組みましょう!

PHOTO
発見とやりがいの大きな世界で一緒にがんばろう!
「名古屋東急ホテル」 名古屋市中区
杉本 直哉〈2008年度卒〉

学生時代の授業でよく覚えているのは、調理実習とフランス研修です。どちらも自分にとって大切な経験になりました。現在は宴会料理を担当しています。厳しい世界ですが、その分、新たな発見も多く、何よりやりがいがあります。この世界で一緒にがんばりましょう!

PHOTO
料理人として成長し、将来はお客様に愛される店を持つ!
「ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン」
名古屋市中村区
遠藤 匠〈2014年度卒〉

フランス料理の巨匠として知られるポール・ボキューズのレストランでデザートの仕込み、盛りつけなどを担当しています。今は次々と出て来る新しいメニューについていくだけで精一杯ですが、ここでしっかり学び、将来は自分の店を開く。それが私の夢です。

日本料理コース

PHOTO
ひとつの壁を乗り越えると、挑戦への勇気が湧いてくる。
「可ん寅」 名古屋市中区
市原 克哉〈2009年度卒〉

ふぐ料理の名店に勤務し、ふぐの処理からちり盛りまでさまざまな仕事を任されています。仕事ですからもちろん苦労はあります。しかし、ひとつの壁を乗り越える経験は、次に挑戦する勇気を与えてくれます。愛調は本当にいい学校でした。先生方には今も感謝しています。

PHOTO
継続は力なり!結果は後からついてくる。
「旬彩 時空」 名古屋市中区
谷口 暁良〈2006年度卒〉

旬の素材にこだわった割烹・小料理の店で店長を務めています。試行錯誤しながら編み出した自分の料理に対し、お客様から直接感想を聞かせていただけることが大きなやりがいとなっています。調理師として成長するためには「継続」が何より大切。結果は後からついてきます。

PHOTO
あいさつや返事、その大切さを日々意識して成長したい。
「京都吉兆名古屋店」 名古屋市中村区
桜本 直樹〈2016年度卒〉

あいさつや返事など、当たり前のことがいかに大切かを痛感する日々です。今はまだ先輩方のもとでさまざまな業務を経験しながら下積みをしている段階ですが、どんなに小さなことでも褒めていただいた時や、自分の成長を感じた瞬間にやりがいを感じます。

中国料理コース

PHOTO
勉強すべきことがたくさんある。だから調理はおもしろい。
「中国潮州海鮮料理 晁隆房」 名古屋市中区
梶山 和宏〈2012年度卒〉

調理師になって数年が経ちますが、知らないこと、勉強しなければならないことが本当にたくさんあると実感しています。だからこそ、調理はおもしろいのでしょうね。お客様の前で活魚をさばくこともありますが、笑顔が返ってくると本当にうれしくなります。

PHOTO
努力を惜しまない上司や先輩が私の目標です。
ANAクラウンプラザホテル グランコート名古屋「花梨」
名古屋市中区
荒谷 志織〈2014年度卒〉

まだ未熟な調理師である私に丁寧に仕事を教えてくださる上司や先輩方は憧れの存在です。そんな先輩方の姿から感じるのは、努力したことは必ず自分に返ってくるということ。それだけに、新しい仕事を任せていただけた時の喜びは大きく、やりがいを感じます。

PHOTO
新しい何かを覚えることが、確実に自分の実力になる。
ホテルオークラレストラン「桃花林」
名古屋市東区
丸山 芳仁〈2014年度卒〉

伝統あるホテル系列の中国料理レストランで、料理の盛り付けや蒸料理を担当しています。調理師の厳しさを感じることもありますが、新たに覚えたことが確実に自分の実力になる。そんな手応えを毎日感じています。先輩に褒められると、俄然やる気が湧いてきます。

カフェスイーツコース

PHOTO
仲間と本気で話し合いいいお店づくりを考えます。
「デザートレストランPaff」 名古屋市西区
浅井 あゆ美〈2010年度卒〉

パティシエとしてのデザート作りから接客、スタッフ指導なども行っています。どうしたらいいお店になるのかを仲間と本気で話し合い、お店を成長させていくことに大きなやりがいを感じています。調理師やパティシエにとって、コミュニケーションはとても大事だと思います。

PHOTO
お客様の笑顔は調理師へのご褒美です。
「カフェ タナカ」 名古屋市北区
鵜足津 幸大〈2010年度卒〉

カフェで軽食の調理をしたり、珈琲や紅茶を淹れたりと忙しい毎日を過ごしています。笑顔とコミュニケーションを大切にすることが私のモットーですが、お客様から感謝の言葉をいただけると、疲れなど一気に吹き飛んでしまい、仕事の醍醐味を感じます。

PHOTO
ウェディングケーキにパティシエの情熱を込めて
「エル・ダンジュ」  名古屋市瑞穂区
大石 絵里〈2012年度卒〉

ウェディング・レストランでパティシエとして働いています。ケーキはお客様と直接相談して決めるので、大切な結婚式当日に主役のお二人が私の作ったケーキを見てどんな表情をされるのか、ドキドキです。本当にたくさんの感動と出会える仕事と巡り合えました。

体験入学のお申し込み

資料請求