OB&OG
プロを知り、プロになる。

西洋料理コース
OBOG

プロとしての誇りをかけ、
一皿に魂を込める

フランス料理 壺中天(名古屋市中区・栄)

安田 駆さん

2021年3月卒業
菊華高校 出身

Interview

現在どのような仕事をしていますか?

お客様に提供する料理の仕込みとドレッセ(盛り付け)、料理の味わいや彩りを良くするために加えられるガルニチュール(付け合わせ)の調理をしています。また、食材や調味料などの在庫を把握しておくことも私の大切な仕事です。私が調理した料理について、お客様や先輩から褒められた時は嬉しく、技術向上のモチベーションにつながっています。料理の世界は奥深く、仕事を通して知識が広がっていくことに喜びを感じています。

プロとして心掛けていることは?

プロとしておいしい料理を最高の状態でお客様に提供することを心掛けています。料理は繊細です。ちょっとしたミスや作業の遅れが、料理の味だけでなく、店の信頼までも落としてしまいかねません。そのため仕事中は集中するとともに、決められた時間内に調理できるよう、手際よく作業を進めています。さらなる技術向上をめざして、日々精進しているところです。

ACCで学んで良かったことは?

プロの調理現場と同じ設備で、経験豊富な先生から料理の基本をしっかりと学べたため、仕事のさまざまな場面で活かされています。特に、鶏や魚のさばき方が役立っています。

Message

入学を検討している人へのメッセージ

私はオープンキャンパスに参加して、他の専門学校より調理設備と先生たちの雰囲気が良いと感じて入学を決めました。今こうして希望通りの西洋料理店で働けているのも、先生方から丁寧に料理の知識と技術を教えてもらえたからです。入学後は覚えることが多く、大変だと思いますが、料理の世界で活躍するためには全て必要なことです。在学中の2年間で多くの知識と技術を自分のものにできるよう頑張ってください。

日本料理コース
OBOG

お客様を意識した調理が、
プロとして飛躍する原動力

料亭・割烹 お食事処なかなか室家(一宮市・浅野)

武藤 悠太さん

2018年3月卒業
各務原高校 出身

Interview

現在どのような仕事をしていますか?

水物をはじめ焼場・揚場・鍋場などを任され、四季折々の食材に触れながら、仕込みから盛り付けまでをしています。日本料理は奥が深く、繊細です。特に盛り付けは料理人の感性や感覚に頼った部分もあるので、経験を積みながら、食べる人の心を動かす料理を提供していきたいですね。

プロとして心掛けていることは?

お客様の立場になって、自分だったらどのように仕事と向き合い、取り組んでいる人に料理を提供してもらいたいのかを考えるようにしています。自分がめざすべき料理人像が明確になるとともに、意識して仕事に臨むことで、一つひとつの料理を最高の状態でお客様に提供することができています。

ACCで学んで良かったことは?

調理に関する知識と技術だけでなく、実習を通して仲間と協力しながら時間内に効率良く料理を提供するチームワークと段取りの組み方を身に付けられたことです。そのおかげで、大量の注文が入っても落ち着いて対応することができています。

Message

入学を検討している人へのメッセージ

料理の世界は楽しくも厳しいですが、仕事に大きなやりがいを感じることができます。長年にわたって第一線で活躍し続けている人たちを見ると、料理が好きな人しかいないということに気付きました。好きこそ物の上手なれとはよく言ったもので、さまざまな食材や料理に触れて、まずは食について好きになることから始めてみるのもいいですよ。同じ食の世界で活躍される日が来ることを期待しています。

中国料理コース
OBOG

人を感動させる料理は、
チームワークから生まれる

中国料理 花梨(名古屋中区・金山)

安藤 実緒さん

2020年3月卒業
至学館高校 出身

Interview

現在どのような仕事をしていますか?

1日に100人以上のお客様へ料理を提供しているので、その分量だけの料理の仕込みから盛り込みまで、さまざまな仕事を任されています。フカヒレや熊の手などの高級食材にも触れられるので、毎日が楽しくて面白いですね。一つひとつの仕事が経験として私自身のスキルアップになっていると実感しています。

プロとして心掛けていることは?

お客様に最高の料理を提供するためには、調理場だけではなく接客するスタッフとのチームワークが欠かせません。そのため、日頃からスタッフ同士でコミュニケーションを取り合って信頼関係を築き、円滑に仕事がまわるようにしています。

ACCで学んで良かったことは?

第一線で活躍されている先生方が学生一人ひとりの話を親身になって聞き、的確なアドバイスをしてくださるので、不安なく調理技術を高めていくことができました。社会人として求められるだけでなく、仕事でも活かせられる接客やテーブルマナーについて在学中に学べたことも良かったですね。

Message

入学を検討している人へのメッセージ

高校生の頃は保育の道へ進みたい気持ちがあり、まさか自分が中国料理店の調理場で働くとは考えてもいませんでした。すべての始まりは、学校説明会で職員の方から話を聞き、「料理で人を感動させるって凄い!」と思ったからです。説明会で得られる情報は限られているので、興味を持ったならオープンキャンパスに参加して、納得するまで確認してみてください。中国料理実習室はプロの調理場と変わらない環境が整っていて凄いですよ。

カフェスイーツコース
OBOG

私たちだからこそ
できる料理で、
おいしい幸せを作り出す

洋食とおやつ a merci(ア・メルシー)(名古屋市中区・栄)

春名 亜優さん
春名 麻優さん

2012年3月卒業
東濃実業高校 出身

Interview

現在どのような仕事をしていますか?

お客様に提供する洋食メニューやスイーツの仕込みから盛り付け、接客サービスまでのすべてが私たちの仕事です。来店頻度の高いお客様が好みそうなものや、他店では食べられない独自のメニューを考え、試作するのも大切な仕事です。「おいしかった」「また食べに来たい」といったお客様からの声は本当にうれしいもので、仕事のモチベーションになっています。

プロとして心掛けていることは?

来店される客層に合わせて、美しくてかわいらしいメニューを提供しています。料理の味は人それぞれ好みがあるので、すべてのお客様においしいと思ってもらうことはできません。しかし、足りない分を接客・サービス面などで補い、お客様が少しでも満足して店を後にしてもらえるように心掛けています。

ACCで学んで良かったことは?

担任の先生がいるので質問や相談がしやすかったです。また、包丁の使い方や火の扱い方など、すべてのジャンルの調理について基礎から学べたので、新メニューを考案する際に活かされています。

Message

入学を検討している人へのメッセージ

同じ夢を持つ仲間とともに学ぶ2年間は楽しくて刺激的です。調理実習は勉強になることばかり。先生がデモンストレーションで調理方法を披露する時などは、できるだけ前の方で見学し、分からない部分があれば積極的に質問することをオススメします。先生と学生の距離も近く、明るく楽しい雰囲気で学べるのも愛知調理専門学校ならではです。オープンキャンパスに参加して自分の目で確かめてみてください。

OPEN CAMPUS トップへ戻る